済11月の無料体験レッスンは無事終了しました。お一人でしたが熱心に受講して頂き充実した時間を共有させて頂きました。

無料だから内容もダイジェスト版?・・・実情は全くその逆です。

やらせて頂いていて、「ここまで開示して良いのかなぁ~?」と時折思うくらいに、惜しげもなく手の内をお見せしています。

続けるかどうかは皆様次第!

後からの勧誘メールや電話、DMなど一切行いません。例えその後通って頂けなくても、呼吸と声の真実の繋がりに出来るだけ多くの方に触れて頂けて、そして言葉にならないような何かを感じ持ち続けて頂けるだけでも、本来の目的を果たせていると思っております。

f:id:hasseigaku:20171112151040j:plain

無事終了しました、11月26日(日)輪読会+インプロ講座。世間一般の感覚からすると絶対に許されないようなめちゃくちゃで何をやっているのかさっぱり理解し難い要求をしました。要求した当の本人にもこの感覚が一体何なのか?はっきりとは理解出来ていません。しかし確実に壮大な意味、何日・何ヵ月・何年後かに「嗚呼、あの時やったのはこういうことだったか!」と腑に落ちるであろう確信は紛れもなくあるのです。だからめちゃくちゃではあるが決して出鱈目では無いことだけは断言出来る、そんな内容を皆さんに支えられながら続けて行きます。

f:id:hasseigaku:20171127151929j:plain

再掲+α 10月29日(日)竹田数章先生音声生理学講座と出版記念パーティー&サイン会のお知らせです。

この度竹田先生が『ヴォイス・ケア・ブック』※下記参照・・・の翻訳を担当されました。そこで今回の講座終了後にそれを記念したパーティー並びにサイン会を行うこととなりました。まだまだ席に余裕がございます。

どうかこの機会に親切で分かり易いと定評のある竹田先生の講座と、その優しいお人柄に直に触れてみて下さい。

当研究会受講者でない方もご参加頂けます。お申し込みをお待ち申し上げます。

f:id:hasseigaku:20170610101731j:plain

ヴォイス・ケア・ブック 声を使うすべての人のために - 音楽之友社

f:id:hasseigaku:20171002142433j:plain

https://www.ongakunotomo.co.jp/catalog/detail.php?code=142640

毎年秋の恒例行事ATTコンサート、今回で第5回目です。ATTを学んでいる皆さんの手造りの舞台に、どうぞお誘いあわせの上お越し下さい。入場は無料でどなたでもご鑑賞頂けます。

f:id:hasseigaku:20171002140602j:plain

無事終了しました、10月の無料体験レッスン。今月は一人でも多く来て下さることを信じてお待ちしております(笑)・・・と願っていたら、わざわざ岡山から米山文明の名を慕ってはるばる来て下さったりと!!嬉しい出合いがありました。これだから続けていかなければならないなと、思いを新たにしました。

無料だから内容もダイジェスト版?・・・実情は全くその逆です。

やらせて頂いていて、「ここまで開示して良いのかなぁ~?」と時折思うくらいに、惜しげもなく手の内をお見せしています。

続けるかどうかは皆様次第!

後からの勧誘メールや電話、DMなど一切行いません。例えその後通って頂けなくても、呼吸と声の真実の繋がりに出来るだけ多くの方に触れて頂けて、そして言葉にならないような何かを感じ持ち続けて頂けるだけでも、本来の目的を果たせていると思っております。

f:id:hasseigaku:20171028171802j:plain

 ※各回とも完全予約制です。

※ご紹介の場合、引率の方は経験者であっても無料でご同伴可とします。

※特に人数制限はありません。関心のある方ならどなたでもご参加下さい。

kokyu-to-hassei@att-yoneyama.com

無事終了しました。10月22日(日)は輪読会+超基礎ワーク。真面目に読みました、喉頭周辺の構造と機能。医学用語は難解、読んだ直後は皆いつもに比べてちょっとだけ無口(笑)・・・、そんな状態も味わいながらの輪読会。誰もが気軽に参加できる所以です。

f:id:hasseigaku:20171025123851j:plain

無事終了しました9月24日(日)輪読会+パフォーマンスの会。輪読会では一般的に誤解されがちな呼吸の支えや声の強さ等に関する事柄を生理学的側面から冷静な視点で整理して下さっている、そんな内容を熟読し話し合いました。パフォーマンスの会では歌と朗読で場が次々に回って行きましたが、飾りや構えを全て捨て去ってしまうとこんなにも素朴で味わい深い表現が立ち現れるものか!と感じさせてもらいました。回を重ねるごとに、決してこのような結果を狙っている訳でもないのに尊いものが生まれ続けています。

f:id:hasseigaku:20170924174104j:plain